Posted in ブログ FAQ

ブログ FAQ その3: 「メンタル アイキドウ」としての NLP

2014/07/19 - 3:18 PM

用語 FAQ3: なぜ NLP は「メンタル アイキドウ」と呼ばれているのですか?

ANS3: 北岡が 1980 年代後半にカリフォルニア州サンタクルーズで、ジョン グリンダー氏の NLP 認定コースを受講しているとき、NLP は「メンタル アイキドウ」と呼ばれていました。

これは、北岡の理解では、合気道は、日本の武道の中で、唯一、攻撃的ではなく、相手の攻撃を利用した上で、相手にエネルギーを何倍にもして与え返す武道だと理解していますが、同じことを精神レベルで達成しているのが NLP であると見なされてきているからです。

実のところ、北岡の和歌山県田辺市の生家の墓は、合気道創始者の植芝盛平の現在の大きな記念墓石が建造される以前は、植芝氏の生家の墓の真隣にあり、北岡が 30 年近くにわたって「メンタル アイキドウ」を実践してきていることは、偶然には思えません (欧米の NLP 実践者には、合気道の弟子も多くいますが、実際、海外から多くの合気道の弟子が隣の創始者の墓に参拝しにきていたと、生前の祖母が語っていました)。

北岡の特に得意な分野は、「常に自分の『ボックス (世界観、既成概念、枠、思い込み)』から外に出続けるための具体的なノウハウの伝授」ですが、これこそ「メンタル アイキドウ」の真髄であると自負していて、個人的には、植芝氏が合気道を通じて国内と海外の社会に対して与えてきているような貢献を、私も NLP を通じて社会に対して行いたいと思っているところです。