Posts

北岡、「コペルニクス的転換」の発見をする!

2015/12/18 11:34 PM

最新情報:本ブログは、長い間「休眠」していましたが、最近、北岡は、日本の社会全体に多大な影響を及ぼしうる「大発見」をしたので、再び、この発見等について情報発信を再開させていただきたいと思いました。

 

北岡は、NLP 資格コース業界から離れた後は、「経営者/医師/士業向けエグゼキュティブ」と「コーチ/カンウセラー/セラピスト/トレーナー等向け独立支援」の二種類の「ライフ コーチング」個人セッションを開講してきていますが、最近、自己啓発/NLP 業界における「コペルニクス的転換」の大発見をしました。

この「コペルニクス的転換」の発見に基づいた新しいワークを施術させていただいた複数のクライアントの方からは、「これまでで一番腑に落ちました」、「今までの NLP のコンテンツとはまったく別の次元の『NLP の現実へ落とし込み』に関するノウハウなのでびっくりしました」といった感想をもらっていますので、おそらく、自己啓発/NLP 業界で最大の問題となっている (新習慣を定着させるための自己適用が長続きしないという)「三日坊主」の問題の最終解決策となるノウハウなのではないかと個人的に思っています。

北岡の発見は、要約すると、「日本人は、『現実』に、行動選択肢が選択できる選択点は、ないと思っていて、 『ドラクエ』、『ファイナル ファンタジー』のようなロール プレイング ゲーム等のコンピュータ ゲームに『逃避』しているが、実は、そういう選択点が実際に存在していて、それが腑に落ちれば、『現実という名のロール プレイング ゲーム』をすることの達人になる」ことが可能で、かつ「ロール プレイング ゲームが日本人ほどうまくない西洋人以上の創造的で、建設的な業績を上げるようになるだろう」ということです。

また、この発見は、1988 年にグリンダー式 NLP に出会ったときから北岡がずっと無意識的に行ってきていたことの「公式化」 (演習化) を生み出しました。

北岡が 1980 年代からの瞑想、催眠、セラピー、変性意識の実験等の長年の泥臭いワークの末に両脳的に認識し、完全に腑に落ちた洞察は、「いわゆる『現実』を含め、すべては仮想現実である」ということと「人間の人生の、『(仮想) 現実』には (右に行くか、左に行くか、まっすぐ行くかの選択が可能な) 選択点がある。各選択点で、無意識的に行動選択肢を取ると、同じつまらない人生を繰り返すことになり、各選択点で、意識的、無意識的に行動選択肢を変えることができたら、必然的に、自分の人生はさらにさらにエキサイティングで、スリリングで、マーヴァレスなものになっていく」というものでした。この洞察が「血肉の皮膚感覚」に落とし込めたときに、北岡は、瞑想、催眠、セラピー、変性意識の実験等の泥臭いワークから、ある意味「卒業」しました。そのときに、NLP の真の偉大さを知りました。

(ちなみに、我々人間には、各選択点において、「外界に左右されて、ロボットのように生き続けていく」のか、「洗脳から覚めて、自分の本来の姿を取り戻し、自分で自分の人生と外界を責任もって創り続けていくことを選ぶ」のか、の二者選択しかないですが、1988 年に前者の選択をしたら、北岡は、その後、(徐々にではあれですが、着実に、確実に)「このまさに地が蓮の花咲く天国になり、このまさに体が仏陀になって」行きました。)

仮にもし、そのような泥臭いワーク (第一と第二チャクラを覚醒させるワークと言っていいと思います) をやりまくった後の経験、洞察をモデリングして、公式化できたら、後に続く人々は、必ずしも、そのような泥臭いワークを行う必要がなくなる、という前提で、北岡が 1988 年からずっと無意識的に行ってきていたことの「公式化」、演習化に最近成功した次第です。

北岡は、この「現実のいう名のロール プレイング ゲーム化」演習を、すでに多くの方々に紹介してきていますが、いただいてきているクライアント感想の一部は、以下の通りです。

「実際にまだ数日しかたっていませんが、確実に現実世界が変わり始めています。
『三日坊主』 (注:新習慣を定着させるための自己適用が長続きしない状態) が克服され、もう後戻りはしないと確信しています。」

「このいわゆる人生をロール プレイング ゲームという感覚は、一見『人生』という崇高なものに対して、軽率なとらえ方だという意見もあるかもしれませんが、選択点で自由に選択できるようにする技術は、ハンパないです。
まさに、言葉通り、日本人のパンドラの箱を開くことになりますね。。。!」

「今日は、爆発しましたね。
今までのセッションの中で、最も衝撃的でした。
また、今まで理想の現実化について腑に落ちていなかったところがストンと落ちた感じです。
そう、無限のポテンシャルを感じました。
今後これらのワークをやり続けて、現実と思われていたマーヤがどう変化するか楽しみです。
ただ、思ったのですが、これを極めれば、他のワークは必要ないのではないですか?
今後のセッションどうしましょう(笑)」

結論としては、選択点において、意識的も無意識的にも、選択肢がなければ、「世界/現実はいっさい変わらない」と思うのはしごく当たり前であって、いわゆる「現象界」から「向こうの世界」に出て、「メタ (観察者) の視点」から現象界に「選択点」を置いて、ある意味、そこに強引に新たな行動選択肢を挿入するメカニズムは、「とんでもない奇跡的な神の偉業」であるとしか言わざるをえないと思います。

冒頭にも示唆したように、ロール プレイング ゲームが達人の日本人が、「現実」も仮想現実だということが腑に落ちたら、「現実という名のロール プレイング ゲーム」の世界最高のプレーヤーになれると思いますし、北岡が最近開発したノウハウで、それが可能になるはずです。

ビジネス FAQ1: 会社の目標は明示的にすべきですか、それとも、すべて自分の無意識に任せるべきですか?

2014/09/13 11:07 AM

ビジネス FAQ1: 会社の目標は明示的にすべきですか、それとも、すべて自分の無意識に任せるべきですか?

ANS1: 私は、この質問を、私の (ライフコーチングの) クライアントである中小企業の社長の方から受けました。

企業戦略の観点から言えば、マッキンゼーや BCG といったコンサルティング ファームを雇うことができる大企業は、明示的な会社目標の設定をしないでいるわけにはいかないと思いますが、会社と社長が「同体」となっている場合 (社長の個人的決定が会社にとってすべてを意味する場合) 等は、社長は、必ずしも、会社の目標を明示的にする必要はないと思います。このような場合社長は事業計画書を各必要もないと言われているほどです。

上記の質問への私の答えは以下のようなものでした。

「このような案件は、自分の無意識に尋ねる必要があります。なぜならば、無意識は、性質上、無意識シグナル (無意識からの『Yes』と『No』のサインを意味する『観念動作シグナル』 を使って、会社の目標を意識的に検討すべきかどうか、あるいは、会社が行きたい方向に直感的に進んでもいいものかどうか、について物事を考察することに関して、はるかに全体的で、エコロジカルな見方を意識にもたらすことができるからです。」

語録 その2: 「人は、意識状態に長くとどまることはできない。」

2014/09/08 10:11 AM

語録 その2: 「人は、意識状態に長くとどまることはできない。」

本日紹介させていただく語録は、ゲーテが述べたと言われている以下の語録です。

「人は、意識状態に長くとどまることはできない。人は、無意識に身を投じる必要がある、なぜならば、その源泉は無意識の中にあるからだ。」

最近、トランス現象に関する本を読んでいて、私は、過去の人々は、現代人よりもトランス (あるいは無意識) 現象を受け入れやすかったのかもしれないと思いました。たとえば、ブリタニカ百科事典の 1974 年版には「トランス」の項目が見当たりませんが、1911 年版にはこの項目が記載されていました。

この意味では、読書中の本の題辞に上記のゲーテの引用が記されているのを知って、18 世紀のこの偉大な思索家が 19 世紀後半にフロイトが無意識を発見した後にしか妥当としか見なされないような文章を書くことができたのは驚くべきことでもないのではと思いました。

また、「オカルト」志向を有したビジネスコンサルタントの、最近亡くなった船井幸雄氏のある本に、以下のような文章があります。

「以前『霊界』と呼ばれていた世界は、現在、『無意識』と呼ばれている。」

私は、この洞察は、実に的を得ていると思います。

北岡ライフコーチング個人セッション紹介ページ!

2014/09/05 2:54 PM

北岡ライフコーチングの個人セッションを紹介するページが立ち上がりました。

このページでは、特別に割引受講費での体験セッションがオファーされています。

http://www.kitaoka-coaching.com

ブログ FAQ5: 「イノベーション」とは何ですか?

2014/08/16 6:48 PM

ブログ FAQ5: 「イノベーション」とは何ですか?

ANS5: 北岡は、MBA/企業戦略系の方々はしばしば「イノベーション (革新性)」について語っていると理解しています。(注1)

NLP の観点から言えば、 「イノベーション」とは、自分自身の一連の「ボックス (参照枠、前提、思い込み、世界地図)」から外に出続けることのできる能力と定義できます。

北岡は、一連のボックスから外に永続的に出続けることのできる能力は、チェコ生まれの数学者クルト ゲーデルの「不完全性定理」と密接に関連していると考えています。この定理は、数学の所定の分野内に、その分野自体の規則と公理を使って、真もしくは偽であることを証明することのできない命題が常に存在することを証明しました。

この定理によれば、「完全」なボックス (参照枠、世界地図) というものは存在せず、ロシアのマトリョーシカ人形のように、一つ前のボックスを超越した「さらに完全」なボックスが常に存在することが示唆されているように思えます。

このように次々と超越していく無数の「視点」が存在するメカニズムは、古代の印哲 (ベーダンタ) が提唱した「観照者 (Witness)」のコンセプトと NLP が提唱している「メタ ポジション」のモデルの両方に示唆されています。

すなわち、ベーダンタも NLP も、特定の意識状態は、必ず、その意識状態を外から見ている「メタ (超越した)」の意識状態によって「観察 (witness)」されていると主張しています。

NLP では、「メタ」もしくは観察の力を向上させるためのいくつかの実践的テクニックが用意されています。北岡は、企業の方々は、これらのテクニックを実践して、そのことで自分自身の一連のボックスから永続的に外に出続けることによって、イノベーション力を多いに向上させることができると強く確信しています。

注1:  Wikipedia では、次の記載が見られます。「イノベーション(innovation)とは、物事の『新結合』『新機軸』『新しい切り口』『新しい捉え方』『新しい活用法』(を創造する行為)のこと。一般には新しい技術の発明と誤解されているが、それだけでなく新しいアイデアから社会的意義のある新たな価値を創造し、社会的に大きな変化をもたらす自発的な人・組織・社会の幅広い変革を意味する。つまり、それまでのモノ・仕組みなどに対して全く新しい技術や考え方を取り入れて新たな価値を生み出して社会的に大きな変化を起こすことを指す。」

ブログ FAQ4: 「ゾーン」状態とは何ですか?

2014/08/11 2:13 PM

FAQ4: 「ゾーン」状態とは何ですか?

ANS4: 本サイトの「ライフ コーチング」ページでは、北岡は、「『ゾーン』とは、スポーツ選手、ミュージシャン、芸術家等が入る一種の『トランス』状態ですが、そこでは、最高のパフォーマンスが発揮できるとされています」と書かせていただきました (もちろん、このことは、北岡のエグゼキュティブ ライフ コーチングのクライアントの方々にも当て嵌まります)。

ゾーン状態は、しばしば、トランス状態、「変性意識」状態、「フロー」状態、「ノウナッシング (何も知らない)」状態といった意識状態と同一視されることがあります。

北岡は、これまでのワークあるいはコース参加者の方々に対して、たとえば、プリゼンタが最高のパフォーマンスを発揮できないでいる主な理由は、自身がゾーン状態 (NLP 的に言うと、「ノウナッシング」状態) に入っていないからである、伝えてきています。これは、ゾーン状態の外では、しばしば人の意識は無意識が達成しようとしていることに対して介入することがある一方で、ゾーン状態では、意識と無意識の間に深い「ラポール」が存在している、すなわち両者の間に不調和がなくなっているからです。

北岡は、ワークあるいはコース参加者の方々に対して、常々、NLP を教えているときは恒常的にゾーン状態にいます、と言っていました。ある日、コース後の懇親会があり、一人の参加者が「猫耳」というファンシー グッズをもってきていました。

これは、頭に装着する、猫の二つの耳の形をしたデバイスで、二つの電極をこめかみと耳につなぎます。二つの耳は、脳波に応じて、特定の動きをするようになっていて、その動きによって、装着した人がその時点で、ベータ、アルファ、シータ、ゾーンのいずれのモードの意識状態に入っているがわかるようになっています。

北岡がこの参加者からこのデバイスを借りて、実験として頭に装着した途端、猫耳がゾーン状態を示すモードで激しく動き始め、北岡がいつも言っていたことが実は本当であることが図らずしも証明されました。北岡のゾーン状態は、2 分程度継続しましたが、一人の参加者が「これで先生の凄さがわかった」と言った途端、北岡はゾーン状態から抜け、猫耳の動きが止まりました。これは、北岡の無意識がこの発言に同意しなかったからだと思われます (ちなみに、この「猫耳事件」は、Youtube 動画としてアップされています)。

ちなみに、ミルトン H. エリクソンの全集の編集者であるアーンスト E.  ロシは、「SDLMB (状態依存の学習と記憶と行動)」という用語を考案しています。

SDMLB は、人がある特定の意識状態にアクセスするたびに、その状態に関連づけられた過去の学習と記憶と行動が、意識的な努力がいっさいない形で、呼び戻されるメカニズムを意味しています。

言い換えれば、北岡は、ゾーン状態に入れば、意識的な努力なしに最高レベルのパフォーマンスが発揮できるようになるメカニズムは、「ZSDLMB (ゾーン状態依存の学習と記憶と行動)」という用語で説明できると考えています。すなわち、ゾーン状態に入ったら、人は、そのゾーン状態に関連づけられた過去の学習と記憶と行動すべてに、容易に、かつ即座にアクセスすることができるわけです。

「ライフ コーチング」パッケージの更新

2014/08/03 6:46 PM

「ライフ コーチング」ページ

http://www.kitaoka-blog.com/?page_id=9

で紹介されている個人セッション パッケージの内容を一部更新変更しました。

語録 その1: 「マインドを征服した者にとっては、マインドは最高の友となる。」

2014/08/01 12:45 PM

本サイトにおいて、北岡は、北岡自身を含む様々な出典からの語録を紹介していきたいと思っています。

本日最初に紹介する語録は、英国人作家で、『As a Man Thinketh』 (邦訳名は『「原因」と「結果」の法則』) の著者であるジェームス アレンのものとされている以下の語録です。

「マインドを征服した者にとっては、マインドは最高の友となる。一方で、征服できていない者にとっては、マインドは最悪の敵としてあり続ける。」

(北岡ワークの観点から言えば、「マインドを征服した」の部分は、「無意識的マインドを手なずけた」というふうに読み変えた方が、さらに意味をなすかと思います。)

アレンは、稲盛和夫氏が「モデリング」した指導者で、ニューソート運動の源泉的作家の一人だったようです。

催眠療法の分野で最高権威とされているミルトン H. エリクソンによれば、人が身体的もしくは精神的セラピーに来る唯一の理由は、その人の意識的マインドと無意識的マインドの間に「ラポール」が欠如していることにあり、それゆえ、両者の間に適切なラポールが存在するかぎり、人は、身体的もしくは精神的健康を維持し続けることができる、ということです。

ブログ FAQ その3: 「メンタル アイキドウ」としての NLP

2014/07/19 3:18 PM

用語 FAQ3: なぜ NLP は「メンタル アイキドウ」と呼ばれているのですか?

ANS3: 北岡が 1980 年代後半にカリフォルニア州サンタクルーズで、ジョン グリンダー氏の NLP 認定コースを受講しているとき、NLP は「メンタル アイキドウ」と呼ばれていました。

これは、北岡の理解では、合気道は、日本の武道の中で、唯一、攻撃的ではなく、相手の攻撃を利用した上で、相手にエネルギーを何倍にもして与え返す武道だと理解していますが、同じことを精神レベルで達成しているのが NLP であると見なされてきているからです。

実のところ、北岡の和歌山県田辺市の生家の墓は、合気道創始者の植芝盛平の現在の大きな記念墓石が建造される以前は、植芝氏の生家の墓の真隣にあり、北岡が 30 年近くにわたって「メンタル アイキドウ」を実践してきていることは、偶然には思えません (欧米の NLP 実践者には、合気道の弟子も多くいますが、実際、海外から多くの合気道の弟子が隣の創始者の墓に参拝しにきていたと、生前の祖母が語っていました)。

北岡の特に得意な分野は、「常に自分の『ボックス (世界観、既成概念、枠、思い込み)』から外に出続けるための具体的なノウハウの伝授」ですが、これこそ「メンタル アイキドウ」の真髄であると自負していて、個人的には、植芝氏が合気道を通じて国内と海外の社会に対して与えてきているような貢献を、私も NLP を通じて社会に対して行いたいと思っているところです。

ブログ FAQ その2: 「NLP」とは?

2014/07/15 3:04 PM

用語 FAQ2: 北岡氏が方法論のベースにしている「NLP」とは何ですか?

ANS2: NLP (Neuro-linguistic Programming、神経言語プログラミング) は、1970 代半ばにカリフォルニア大学サンタ クルーズ校 (UCSC) で言語学教授のジョン グリンダーと数学者のリチャード バンドラーによって創始された実践的コミュニケーション心理学の方法論です。

当初は、精神療法の新しい代替学派として生まれ、その後「天才のモデリング」のための方法論に発展してきています。

北岡自身は、NLP のトレーニングをすべて欧米で受け、NLP 四天王 (グリンダー、バンドラー、ディルツ、ディロージャ) から直伝されましたが、欧米と国内では、NLP の評価には雲泥の差があるようです。

すなわち、北岡の知るかぎり、国内には、「ビジネスの小手先の裏技ツール」としての NLP が存在しているだけで、NLP を使ったまともなセラピーを実践できるトレーナーも、天才をモデリングできるトレーナーも、真の意味で人々に自己変革を引き起こせるトレーナーもほとんど存在していないようです。

北岡自身は、欧米のように、NLP 業界は「変性意識の研究家」に出会える興味深い場であろうとナイーブに信じてきていましたが、昨年出会ったある元トップ企業戦略コンサルタントの方からは「国内の NLP 業界の生徒さんも、先生も、企業戦略コンサルあるいは MBA 系等の外の業界からは、単なる『資格免状付与』ビジネスと見なされていて、まったくはなから相手にされていませんね」という指摘をいただき、ショックを受けたと同時に、いろいろと「腑に落ちる」思いをしました。

現在は、北岡は、NLP 業界の外に出て、混迷して疲弊している現代社会の中で、いかにすれば、精神的に病んだ状態から健康を取り戻せるか、いかにすれば、卓越した人々をモデリングできるか、いかにして閉塞感からの突破口を切り開いて、個人として、あるいは日本人として、独自な「イノベーション」を継続的に実現していくことができるかの観点から、北岡独自の NLP に基づいたライフ コーチングを提供しています。